• 小児歯科専門医
  • 駐車場あり
  • クレジットカード
  • バリアフリー
  • 健康保険取り扱い
  • 初診・急患随時受付

診療コンセプト

診療理念

はじめまして、院長の小峰和矩です。

当院では皆様の口を通して全身の健康に寄与していきたいと考えています。
私は恩師に臨床医の心得として「病気を診るのではなく、病気を持った人を診る」という教えに従って患者さんを診療する姿勢について考えてきました。
一つは予防に始まって予防に終わっていくこと、さらにすすめて、健康を維持あるいは増進することを目的として、保健指導に始まって保健に終わっていく治療を心がけていきたいと考えています。そのためには、患者さんと協力して口の健康を通して子どものカラダとココロの健康を少しでも良くするようにお手伝いしたいと考えています。

親と子供の写真イメージ

 口の病気は、う蝕、歯周病あるいは歯並び、噛み合わせ、顎関節症などの顎の病気もつきつめていけば、生活からくる病気です。生活からくる病気といえば、皆さまよくご存じである、ガン、脳血管疾患、心臓病などの生活習慣病です。
口の病気の予防、あるいは保健を保持、増進していけば必ずこうした病気の予防、保健につながっていきます。そのためには、予防指導、保健指導を充実させていきたいと思っています。その中で、最も大切にしていきたいことは、子供の発育に合わせた指導。つまり長期的な視野に立って口腔の健康管理をしていきたいと思っています。

 一つ歯の萌え変わりという現象をみても「子供から大人へ器官」が変わるということは歯しかありません。このダイナミックに変化する時期に合わせて、その成長の軌道が正しいのか、あるいはその歯の萌え変わりの中で、歯ブラシがうまく出来ているかどうかをみていくこと、またその中で病気の原因となる生活習慣、あるいは生活の落とし穴を見つけて、患者さんに指導していくことによって病気の原因を早く断ち切っていけば病気にならなくてもすむはずです。

 こうしたことを実施するためには定期検診が最も大切な診療行為です。

親と子供の写真イメージ

定期健診を繰り返し受け続けることによって、その子の成長変化や環境の変化に早期より気づくことができ、あるいは予測を立てることにより病気の予防をしていきたいと思っています。また、繰り返し患者さんと寄り添うことによって「自分で自分の健康が守れる子」「一人立ちして一人前の大人へ」と自律心のある子どもに育っていってもらいたいと願っています。また、一方では医療者にとって、定期健診は自分が行った治療や、予防指導、保健指導を見つめ直し、自分が行った診療行為の是非を問うことにより責任を持つことになります。

 当院では口の中に何か異常が出てから来院していただくだけでなく、健康な状態でも来院していただき、定期検診を積み重ねることにより皆様の健口と健康に携わっていきたいと思っています。

親と子供の写真イメージ
PAGE TOP