• 小児歯科専門医
  • 駐車場あり
  • クレジットカード
  • バリアフリー
  • 健康保険取り扱い
  • 初診・急患随時受付

唾液について

院長ブログ

こんにちは、歯科衛生士の奥井です。今回は虫歯予防について重要な唾液についてお話しします。

 

皆さんは一日に1~1.5リットル出る唾液についてどのような働きがあるかご存じですか?

 

・口の中の嫌なにおいを防ぐ

・食べ物をまとめて飲み込みやすくする

・虫歯から歯を守る

・消化を助ける

・味覚を感じる

・発音しやすくする

・殺菌、消毒作用

こんなに働きがあります。驚きますよね!

 

唾液が少なくなると、唾液本来の働きができず、口臭の原因になったり、虫歯や歯周病が進行してしまい、お口の

環境が悪化する可能性があります。

 

唾液が少なくなる原因として、ストレスや不安、緊張状態の継続などがあげられます。生きていく上でこれら全て

を取り除くことは難しいかもしれませんが、対応法としては運動があげられます。頭を空っぽにして30分程度ウ

ォーキングを行ったり、固いものをたくさんかむようにしましょう。

 

 

生活環境が大きく変わったとき、例えば進級して学校のクラスが変わったり、先生がかわったときなどはは特に緊

張状態になると考えられます。家ではなるべく食事中の水分摂取を控え、たくさん噛むことによりストレスを発散

できるようにしましょう。

 

 

就寝時は唾液の分泌量が減少し、お口の中の細菌が増えてしまいます。寝る前の歯磨きは丁寧に行い、必ずフロス

まで行うようにしましょう。

 

 

小さなお子様は、自分で完璧に汚れを取り除くことが難しいので、保護者の方の仕上げ磨きが必須と考えています。

仕上げ磨きは8歳くらいまでは行うようにしてください。

PAGE TOP